World Touring Car Championship2

皆様ごきげんよう。朝夕、ちょい寒になってきましたねぇ。風も西風に変わって
秋めいてきました。季節の変わり目、お体には十分ご注意下さい

さてさて、それでは先回の続きに行きましょう(^^)/。
モーターレースは色々有りますが、FIA主催世界選手権レースは、F1WRC(World Rally Championship)、WEC(World Endurance Championship)と、今回のWTCCWTCCは1開催2レースで争われます。

WTCCが始まりました。各車エンジンが掛かりピットレーンが活気に包まれます(^^)。 WTCCのマシンのエンジンは2000cc以下の規定があり、殆どが1600ccのターボ付。色々なハンディキャップを付け、どの車両も出来るだけ同じ条件のマシンになるように工夫されています。なので、マシンの出来よりもドライバーの腕勝負。通称“喧嘩レース”と呼ばれています。

こちらでは、優勝した車を入れるためのスペースが造られています。

土曜日予選トップ。第一レースのPP、ホンダのノルベルト=ミケルズ。

スターティンググリッドに向かうマシン。

各車グリッドへ。

土曜日一緒にご飯を食べたオンベルトは、WTCCのちょー偉い人(^_^;)。

カーナンバー12は、今年のシリーズチャンピオン、ヴァン=ミュラーのマシン。

グリッドは凄く華やか。

何を狙っているのでしょうか(笑。激写(^O^)!

グリッド上でもメカニックは大忙し。タイヤの温度管理に余念がないです。

ツーリングカーレースのマシンは、大抵このように車体にジャッキが装着されていて、圧縮空気を送るとこの様にジャッキアップの状態になります。

キャンガルの撮影に忙しい人々。。。^^;

最後尾。マーシャルカーとメディカルカーは、鈴鹿サーキットのモノを使用します。

レース1が始まりました。最終コーナーにて。

東コースしか使わないWTCCは、常に混戦状態。ベストな走行ラインを勝ち取るには
マシンの接触もなんのその。前車をこじ開けて抜いていきます(・o・)!それが、WTCCの醍醐味!!

レース1はワークスホンダのノルベルト=ミケルズが他を引き離しポール・トゥ・ウィン!(^O^)。
優勝者はこスペースで勝利インタビューを受けます。

ここまでが第一レースなのですが、続いて第二レースが始まります。工程は先ほどのレースと
同じなのですが
レース1でボコボコになった車を直すインターバルタイム
が始まると

各チーム一斉に修理開始!!15分どこまで直せるか、メカニックの腕の見せ所。これもWTCCならではの面白さです(^^)。

BMWチーム。白いガムテープで補修?

ワークスホンダ。第一レースで激しくやりあったカーナンバー18、ティアゴ=モンテイロのマシン。インターバルは始まると、即バンパー剥がして大修理

ぶつけた左前のヘッドライトが着かない!!タイム終了の3分前。。。

急ぎバンパー装着!でも左ヘッドライトがまだ。。。

ラスト30秒前。ヘッドライトの上部ブラケットを切り取り、なんとか装着。。。形になればOK?!(゜o゜;

各車スターティンググリッドに並んでいきます。第二レースは、予選の1位~10位までを逆順に入れ替え。つまり、予選10位の選手がポールポジションになるリバースグリッド制です。

各車スターティンググリッドに着きます。 レース1はローリングスタートなのでFF,FRの格差が付きにくいですが、レース2はスタンディングスタート。当然FRの方が有利になります。

あきらかに狙ったかのようなBMW。予選を上手くまとめるのも戦略(・∀・)。

先ほど急ピッチで修理してたカーナンバー18のホンダ結局、補修テープで。。。

レース1でポール・トゥ・ウィンだったカーナンバー5のホンダ傷ひとつ有りません。

スポット参戦の伊沢選手のマシン。Fドアの真ん中にタイヤ痕が!ベコベコやし。。。

レースがスタートしてあっという間に終盤。

表彰台のリハが行われてました。

トロフィーは、『鈴の首輪を付けた鹿!!』なるほど。。。(´Д`)。

レース2は、BMWのトム=コロネルが優勝。必勝はちまきで喜びを表しています(^^)。

山田に無理を言って、初WTCCに行かせていただいた私。このレースは面白い!と思いました(≧∇≦)/。

WTCCはテレビ大坂で発信されています。チェックしてみて下さい(^^♪。

http://www.tv-osaka.co.jp/wtcc2013/

今度はF1ですかねぇ(^^)。

四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


World Touring Car Championship

皆様ごきげんよう。三連休いかがでしたか天気も良くてお出かけ日和やったんではないでしょうか(^o^)。

さて、この時期は日本各地のサーキットでレースが開催されます。そのモータースポーツ選手権も色々。国際自動車連盟(FIA)が主催する世界選手権は4つ有るのですが、その中のWTCC世界ツーリングカー選手権)が9/21、9/22(決勝)鈴鹿サーキットで開催されていました。21日の夜。。。。

FIAの皆様とコレアンバーベキューへ(^^)。左からマグネッティマレリのパトリックさん、FIAのマニュエルさん、同じくオンベルトさん、同じく?さん(^^)、ルノ友Fさん、マグネッティマレリのユアンさんです。マグネッティのスタッフはFIAに雇われているエンジニア。 食事が終わり、ホテルへ送って行った時、翌日の決勝に来るように誘われて。。。。(^^)。翌日。。。

朝早く行って、店の用意をし、仕事を片付けて。。。いざ、鈴鹿へ。

久々の白子駅。来月に迫った遷宮の案内が。

案内板もきれいになりました(^^)。

到着すると、ちょうどピットウォーク中で。

F1では絶対見られない、チームスタッフと観戦客との交流人気ドライバー、BMWのトム・コロネルもピット前でサイン会(^o^)、すごく良い雰囲気

去年の鈴鹿からワークスで参戦しているホンダ。さすが、人気絶大です。鈴鹿は地元ですしね(^^)。

こんな情景もありで。。。(^_^;)。

ワークス ホンダのイタリア人ドライバー“ガブリエル=タルキーニ”は、超人気者。サインの行列が絶えません。

笑顔も素敵なドライバーで、ピットウォークが終わる最後の最後まで、笑顔で子どもたちにサインをしていました(*´∀`)。

その彼が乗るマシン。

は、足回りのセッティング中。

ステアリングホイールとシート。

中は完全にレースマシン。市販車の面影はダッシュボードの形のみ(^^)。

エンジンルームも巨大インタークーラーが。。。

LADAはロシアの自動車ブランド、メーカーはアフトワズ。ルノーが資本注入をしています。

隣はセアト。スペインの自動車会社。

シボレー クルーズは去年のチャンピオンカー。今年は、ワークス撤退で少し質素感が。。。右手の腕組みしてチームスタッフと話すのは、FIAのマニュエル。車検の担当官でもあります。

ピット裏へ(^^)。コンテナがずらーっと並んでいます。F1のピット裏と全然ちゃいますよね(^^)。でもF1が異常なのですよ。。。

コンテナの中はもちろんパーツが入っています。

こんなのも入っています(^^)。

ピットでも人気のホンダは裏でも人気。

スポット溶接を外され、交換後のサイドシルが転がっておりました。。。

今回も用意してもらったパスは何処でも入れてしまうパス(*´艸`*)。拠点をメディアセンターに。

ここ鈴鹿のメディアセンターは超広くてきれい(・・;)。

そしてメディアセンターはフィニシュラインの前になるので、レースを見るには最高のロケーションです。

始まるのはWTCCの前座に行われるスーパー耐久レース。日産のGT-Rが参戦しています。

ピットレーンには、車検を受けに行くWTCCのマシン。

帰りはこんな感じ?(^O^)。鈴鹿サーキットは、写真右に下り坂になっており、帰りは惰性で行けます。

コースではスーパー耐久の決勝が行われ。

ピットレーンでは、LADAが押されていました(^^)。

スーパー耐久決勝で出されたマーシャルフラッグ(レーシング フラッグ)。これ、意味分かりますかぁ?わかった方は流石です。このオレンジサークルは、メカニカルトラブルを表しておりフラッグの下に掲げられたカーナンバーの車両は、ピットに戻るよう指示されています。

白煙を吐いたマシン(゜゜)。

よく見る車が走っていて、スーパー耐久も面白いです(^o^)/

でも、今週はここまで。。。WTCCに話を行きたいのですが、仕事が押しており、すみません。。。。次週WTCCをじっくりと(^o^)。

四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


Local magazine

皆様ごきげんよう。台風、大丈夫でしたでしょうか。すごい暴風雨でしたねぇ。
あまりの風と打ち付けられる轟音で、あまり眠れなかった昨夜。。。ブログ書きながら
。・。・。Zzz…(*´~`*)。o○ ムニャムニャ



さて三重で読まれているタウン雑誌、色々あると思いますが、これ知ってますか?
三重発行NAGI(凪=なぎ)と言う、季刊誌。ご存知の方もいると思いますが、三重県のローカルな話題を深く面白く紹介。普通の雑誌に比べると、ひと回り小さいですが、手にとって見ると。。。。。
『何?この表紙の触感』と感じます。
表紙も一枚の写真からなり、直球でそのタイトルを訴えかけて来ます(^^)。

22号NAGI 初めて見た記念すべき号(^^)。

25号伊勢志摩を深く読み込んだ号

29号三重各地で行われた映画ロケ地を紹介号

35号県内各地の職人、提灯~反物、工芸品、鍛冶、他職人号

47号三重県人で北海道の名付け親 松浦武四郎

49号世界でも屈指のサーキット鈴鹿、それを支える町号

54号只今売り出し中の最新号



NAGIは季刊誌。春、夏、秋、冬しか発行されない代わりに非常に奥の深いちょっとエンスーな大人のローカル情報誌です。内容も非常に充実していて、全部読み終えると雑誌には無い達成感と脱力感があります(^_^)。


また、2006年冬号よりこの“NAGI”に広告を掲載させて頂き、当時の広告がこちら。
24号 横の広告を縦に掲載したのは、ウチが初めてやったと思います

当時のキャッチは、『退屈へのレジスタンス ルノー』。このキャッチは、カッコよかった(^^)。

26号 2006秋から、『my フレンチスタイル ルノー』。ちょっと軽くなった(´・ω・`)。

41号 2010夏からルノー本社のキャッチと統一『DRIVE THE CHANGE』。現在も同じです(・∀・)。

最新54号は、表紙裏に。NEW RENAULT DESIGN です\(^o^)/。

弊店カスタマー様の中には、このNAGIを愛読して見える方も多く、ルノー乗りと波長が合う雑誌なのかも。
『ふるさとを刺激する大人のローカル誌 NAGI 』一度書店で手にとってみては(^o^)/。伊勢から、しあわせの黄色いカングーで各書店へ配送されています(^^)。

四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


OSAKA JOU

皆様ごきげんよう。先日の雨、よく降りましたねぇ。久々に携帯のエリアメールの音を聞きました。
これから台風の時期にもなります、くれぐれも危なそうな所には近づかないようにしましょう。


さて、ちょっと前の話。ルノー大阪城へ故障した車を引取に行った際、ちらっと見た外堀。『やっぱ大阪城、規模のデカさがちゃうわぁ~』っと思ったしだいでして。。。。後日。。。。つい行ってましてねぇ^^;

見てください!この堀の規模と造り!!

ここは、大阪城の外堀の南側。なんか要塞みたいな感じしません?

大手門です。結構小さいですよね。間口を小さくすることで、容易に入り込めない様にし、たとえ 敵が大勢詰めかけても、少ししか入れない(その間に防戦出来る)にしています。この門の左手には、 千貫櫓という櫓が建っており、この大手門を破ろうとして近づくと、この千貫櫓からの攻撃をまともに受けることになります。

また、この門の内側は壁に囲まれた部屋の構造(枡形虎口)になっており、さらに大きな門(櫓門)で、閉ざされてます。追手門を蹴破って枡形内部に入れても、櫓門を破るまで防戦側の全面攻撃を受けるとこになります。
大阪城の大手門は、この一連の造りから出来ておりますので、ん~ん、なかなか攻められませんなぁ(^^)。

大手門枡形虎口の巨大石。めちゃめちゃデカイ!大阪城の主要の枡形には、容易に城郭を壊されないようにする為と、権力誇示の為にこのような巨石が数多く使われています。

大手門櫓の内側。この櫓台の石もデカイ!です。

内堀。あの人工臭いむき出しのパイプ、どうにかならんのかなぁ。。。板で囲うとか。。。(´・ω・`)。

桜門枡形虎口。ここも、敵の侵入を防ぐ為の仕掛け(櫓門など)が造られていましたが、明治維新の際の大火で無くなり、桜門だけ再興されたのだそうです。

門の左右には、これまた、門の半分の高さの大きな石(コンクリートじゃないですよ)、門の中(枡形)には。。。

さらに大きな石(蛸石といわれ城内最大の石)が壁として使われています。こんなデカイ石は、ココでしか見られへんと思います(^^)。

本丸は公園になっており、天守閣は、鉄筋コンクリート製の復興天守で、中は資料館になっています。天守閣ビルには用事がないので、散策を(^^)。

城壁の杭の跡。この上に白壁の城壁がたっていました。

出丸からの天守閣。天守閣見るならここやと思います(^^)

空堀と堀の堺。

山里丸にある階段。石垣の右下にある溶けて出来たみたいな傷跡は、戦争の時、アメリカ空軍機が機銃で付けたモノらしい。。。本当かなぁ。。。(・o・)

山里丸。その昔、森が造られいくつもの茶室が有った場所なんだそうです。

にある碑。(/_;)

極楽橋手前の枡形。石垣がちょーきれいです。

極楽橋からの天守。ここはよく写真になっているところ。
私はコンクリート製の橋がちょっと気になります。。。。

ここは、二ノ丸北曲輪と三ノ丸の間にある青屋門。ここから外は外堀の外側になります。

見てくださいこの外堀の大きいこと(^^)。

他城の堀が池なら、大阪城は湖クラスです。。。。(^O^)。

青屋門から三ノ丸をブラブラして~

京橋口門からまた二ノ丸へ。

この枡形も巨石が用いられています。

櫓台の石垣

二ノ丸北から右手に内堀を見ながら二ノ丸南へ。

途中に。

そう。現在の大阪城は城郭も含め、豊臣秀吉が造った城ではなく、徳川家が造らせた城です。
建物はあまり残っていませんが、徳川幕府の権力誇示もあって、多くの巨石を使い、見る者が圧倒させられる城郭。
ここでしか見られないと思います。行かれたことのない方は、ぜひ行ってみてください(^O^)/。
石マニアの方も必見です(笑。



四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


NEW RENAULT DESIGN #02

皆様ごきげんよう。週末、台風か?っと思われておりましたが、事無く去ってなにより。
KANGOOデビューフェアも無事終わることが出来ました。ご来店頂いた皆様、誠に有難うございました。


さて今回は、その新しくなったルノーカングーを見て行きましょう!ええ?他の店も
そればっかやん!!って(・∀・)?。しゃーないです、KANGOO祭ちゅうことで!(笑。
現車見て頂いた方、すこしお付き合い下さい(^^)。

Facebookでご案内したKANGOOの色は、これです!ええ、今まで通りのジョン=アグリュム(ジョン=黄/アグリュム=柑橘系の)です。
Couleurの色ちゃうの!!っと期待させてしまっていたら m(__)m すみません。

KANGOOもPhase2になり、フェイスリフト(顔が換わる)が入りました。これは、
次期KANGOOの顔を見せる(次に繋げる)事を意味します。今までのルノーは
そのように進化?して来ました。(あくまでも今まではです。)

KANGOO Phase2の顔(・∀・)。“ローレンス・ヴァン・デン・アッカー”(ルノーデザインの最高責任者)が提案する新ルノーアイデンティティに変更されています。

かなり違いますよね。ph1オーナーの皆様は、『あれ?毒キノコが付いてないやん』と気づかれると思います。
そうですph2にはフェンダーーミラー付いてないのです。なぜか??
付いてないから。。。。(*^_^*)。

サイドから。はい!パッと見同じです(^_^;)。ホイールキャップのデザインがほんの少し違うだけでしょうか。

ドアミラーの形状。これは、Phase1の最終型にも見られましたよね。このミラー形状で燃費がほんの少し上がります。

サイドフラッシャーランプ(・∀・)。

ちなみにph1。

リアビュー。

テールレンズが少し違います。

言うほどの事はないのですが、リアエンブレムが“デカ”くなりました。

室内にいきます。ステアリングホイール、ダッシュボード中央、カーステレオが変更されています(^O^)/。

パワーウインドスイッチがドイツ車風になっており、スイッチ感も“カチッ”となりました(・o・)。

ph1のスイッチ。デザインがまるで違います。スイッチ感は“カ~ッチ”って感じですかね(^^)。

結構人気の有ったシートバックテーブルは、久々に姿を消し。。。(´・ω・`)。

エアバックは6個→4個に変更。でも、サイドエアバックの大型化により、安全性は確保しておりますので
ご安心を。。。(^^)。

安全性に付いてはもうひとつ!ESP(横滑り防止装置)が標準装備になりました!

ステレオは、USB外部端子付。ブルートゥースでハンズフリーホンに(・o・)。

マイクはここ(・∀・)。

リバースランプが両方点きます(^^♪。

これはあんまり必要無いですかね。。。(^^)ボンネットフードのダンパー

とまぁ、無くなった装備もあれば、付いた装備
も有り(^^)。
ローレンス・ヴァン・デン・アッカーの新デザイン戦略により、Phase2となった新型KANGOO。
ぜひご確認下さい!



四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469