フランス旅行Ⅴ

みなさまこんにちは(・∀・)
先週末は暖かかったですね♪
今日の四日市、風は冷たいですが太陽さんは元気です。
ショールームは窓を開けていないと灼熱です(^_^;)

本日はパリ旅行最終章です

12/4(THU)
マルシェを堪能した後パリ中心部に戻ってきました
(↑”パリ旅行Ⅳ”参照)



中心部は本当に混雑しすぎだよ(´・ω・`)
みんな我が道を行くから渋滞は当たり前…

渋滞を切り抜け、ルーヴル美術館

ルーヴル美術館の地下はショッピングモールみたいになっております

モールを越えると逆ピラミッドがお目見え
それを横目に美術館へGO-(/・ω・)/





まず目に飛び込んできたのは大きな壁
これは昔、敵軍から城を守るためパリを囲む城壁の前に建てられた砦だそうです

(昔のお城)
今もなお、このような形で残っているなんて驚きです

ルーヴルは迷路のようになっていてとても紹介しきれないので少しだけ





①アフロディーテ(通称=ミロのヴィーナス)
とても有名で美しいといわれるヴィーナス像
紀元前100年前に制作されたものと思われています
触れたら、本当は柔らかいのではないか?と思えるほどです

このヴィーナス像、仮面のような無表情の顔をしていますが
角度を変えると、悲しそうにも、微笑んでいるようにも見えます。
不思議ですね。
あまり見ることもないので後ろからも写真を撮ってみたら…

半ケツ!!し、知らなかった…少し笑いましたww






②アポロン ギャラリー
ここには王家のコレクション等が展示されています
警備も厳重で、少しでも揺れたりすると入り口の鉄の門(ドア?)がしまります

部屋は広いですが、ヴェルサイユの鏡の間の方が広いそうです(^^)
天井画も素敵


天然水晶製の水差しラピスラズリの舟形杯
そして王冠

上のジャラジャラ宝石がいっぱいついた冠(宝石は偽物)はルイ15世のもの
下の控えめなのは皇后ウジェニーの冠(こちらの宝石は本物)

金とカメオの冠はナポレオンのものです
ルイ14世の肖像画…と思ったら大間違い!!
これは織物だそうです。聞いてビックリしました





③モナリザ
フランス語では「La Joconde/ラ ジョコンド」と言います
世界一有名な肖像画と言っても過言ではないのではないでしょうか
ご存知とは思いますがレオナルド・ダ・ヴィンチの作品です
謎が多い事でも有名ですね。
モデルはフランチェスコ・デル・ジェコンド(フィレンツェの富豪)の奥さんだと言われています
しかし、ダ・ヴィンチはその富豪では無く自分で所持していたし
富豪の奥様にしては、髪もおろしているし、服も喪服のような感じ
なぜこの絵を大切にしていたのかも不明のまま
いつしか王の手に渡りコレクションとされてきました
実物の絵は小さく、分厚いガラスで覆われていて大変見にくい!!
人多い!!というか、スリが半端無く多いらしい!!
みなさん、見に行かれる際はお気をつけて!!





④ハンムラビ法典碑
バビロニア スーサにて、フランスの調査隊に発掘されたものです
世界史の教科書にも出てきましたよね
「もし、ある者が強盗を働き捕らえたならば、その者は死刑に処せられるであろう」
などなど、王の布告を集成した大石碑
この法典には、民法・刑法・商法・訴訟法などが記されています

うーん…全くわからない!!ww



そんなかんじで半日ルーヴルを歩きまわりました…つ、疲れた。

本当はもっともっと紹介したいものが有るのですが、書ききれないのでこの辺で(;O;)ゴカンベンヲ…


外に出るともう真っ暗







小腹も空いたので街を散策しながらマドレーヌ寺院の近くにある
TANTE LOUISEにてお食事(*´∀`)
カジュアルに美味しく食べれるお店です(日本語メニューもあります)


美味しいワインを頂きながら前菜、メイン、デザートを完食

ん-------!!美味!!

ウェイトレスも優しくとってもフレンドリーなのでお勧めです(*´∀`)






12/5(FRI)
この日は1日中、街をプラプラ散策\(^o^)/





















何度見ても、どれだけ歩いても美しい町並み

何をするわけでもなくただ歩いているだけで時間は過ぎていきます








夜は6New Yorkにてディナーを頂き、プライベートイルミネーションを堪能





ジャストの時間になると煌めくシャンパンエッフェルも見れました(*´艸`*)
ロマンチック♪






12/6(SAT)

慣れたホテルにさよならして
シャルル・ド・ゴール空港へ
シャレオツな旅でした





この旅行で、フランスとはどんな国なのか
フランス人が何を見て、何を食し、何を着て、どんな生活を送るのか
ほんの少しだけ分かったような気がしました(*´∀`)


またいきたいですね!!ぜったい(*・ω・*)
皆様のご意見もまたお聞かせくださいませ♡






四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


フランス旅行Ⅳ

みなさまこんにちは(・∀・)
月曜日にブログアップ出来ず申し訳ありませんm(_ _)m




先日四日市にも雪が積もりましたよー。
しっかり積もったのは山田の自宅周辺のみでしたが…
雪を見るとワクワクするのは、私がまだお子ちゃまでからでしょうか(´・ω・`)



引き続き「フランス旅行Ⅳ」でございます♪




12/4(THU)
ベルサイユ宮殿とマルシェに行きました!!


ハードスケジュールー(/・ω・)/


午前8:00

く…暗い(^_^;)
バスに乗り込んでまずはパリから約20km南西にあるヴェルサイユ宮殿へ♪
宮殿に到着する頃には周りも明るくなっていました




ヴェルサイユ宮殿

金のゲートより入場!!…というわけにもいかないので
持ち物検査をしてから中へ(`・ω・´)ゞ




ここヴェルサイユ宮殿は「太陽王」と呼ばれたフランス王ルイ14世が建てたもの。
現在、宮殿も合わせた敷地面積は約1,000ヘクタールで東京ドームに置き換えると約220個分以上
当時はこの10倍の広さだったというのだから驚きですよね。



ここはもともと水もない不毛の荒野だったのですが、ルイ14世は
10km離れたセーヌ河岸から水を引かせ、いらない木々を伐採し、
平らにさせた土地を直線で区切り、自然を幾何学的に切り取りました。
これにより自然をも支配する「王の中の王」だということを示したかったのでしょう。



この「史上最大かつ最高の城」を築き上げるために約半世紀もの月日が費やされました。
その後パリから都を移し、他の貴族も強制的に移住させ徹底的なマナーやルールも作りました。
全ては絶対王政をつくり上げるためだったと言われています。




では簡単に中もご紹介


王室礼拝堂

ルイ15世の時代に建築されたもの。
マリー・アントワネットルイ16世が結婚式を挙げた場所です。
ここで毎朝10時にミサが行われていたそう…
柱や壁、床に至るまで白と金の色で統一されており美しいですね
天井には“蘇生”の輝きを表す神の絵が描かれていました




鏡の回廊

ヴェルサイユ宮殿の中でも最も華麗な部屋
奥行75m、幅10m、高さ12mという広い空間の中に17の大きな窓があり
そこから太陽の光を取り入れ、反対側の17面の鏡がそれを反射させます
当時この部屋の家具は全て純銀製だったといわれており
太陽王ルイ14世にふさわしい部屋といえますね。。。

あ、ちなみに1919年第一次世界大戦を終焉させたヴェルサイユ条約
結ばれたのもこの部屋だったそうですよ




王の寝室

ここは宮殿のちょうど真ん中に位置する部屋です
ルイ14世は太陽神アポロンを崇拝…というよりは「我こそはアポロンだ」と
言わんばかりに演じていたそうで、太陽の存在をとても大切にしました。

(王の寝室からの景色)
その為、王の寝室を日の出の光が1番入る真ん中にしたのだそうです。


フランスは日照時間が短い国。(特に冬は朝9時頃から日が昇り、夕方4時には暗くなってしまいます)
本当は王だけでなく国民も太陽の存在は大きく、大切にされていたのでしょう。




王妃の寝室

マリー・アントワネットが最後に使用していたと言われている王妃の寝室
マリー・アントワネットはもともとオーストリアの王女でした

(きらびやか…)
その為、寝室にはオーストリアの紋章が施されたのだそうです。
またこの部屋では出産もされていたそうで19人もの子供が誕生しました。




戴冠の間

ここは巨大な絵画が飾られており、中でも有名で部屋の名前の由来ともなっているのが

画家ダヴィットによって描かれた“皇帝ナポレオン1世と皇后ジョセフィーヌの戴冠式”
縦6m、横9m以上もあるこの巨大な絵画は実は2枚あるのです。
1枚はルーブルに飾られており、ヴェルサイユに飾られているのはダヴィットが書いた2枚目の絵なのだそうです。



この2枚の絵の違いで1番わかりやすいのは左側で5人並んでいる女性の左から2番めの女性
(ナポレオンの2番目の妹のポリーヌ)がルーブルの絵は皆と同じ白いドレスを着ているが

ヴェルサイユの絵は彼女だけピンクのドレスを着ているのです。




歴史は面白いですね。
日本とは違い、地震のない国なので建物も当時のまま残っていて感動します。
また来ることがあれば、もっと時間をかけて見学したいです(`・ω・´)



ヴェルサイユ宮殿の後は、移動してマルシェ

マルシェとは市場のこと。フランス人は日常的にマルシェを利用しています。


マルシェには生鮮食品や衣類、花、骨董品、家具に至るまで何でもあります。



そこでお店の人と楽しく会話をしながら買い物をします。


うーん…青空スーパーみたいな感じ?


私もお買い物してみたら、おばちゃんがいっぱいサービスしてくれました


Merci beaucoup♡




次回は最終回ですww
来週こそは月曜日に更新致します!!(`・ω・´)ゞ





四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


フランス旅行Ⅲ

明けましておめでとうございます\(^o^)/
2014年初の山田ブログでございます。

ここ最近、寒気が入ってきているみたいで
寒いですねー!!そりゃ雪も降りますわなww
みなさま、体調管理にはお気をつけ下さいませm(__)m

さて、引き続き「フランス旅行Ⅲ」でございます♪

12/3(WED)
この日は待ちに待ったモン・サン・ミッシェル観光!!
朝からソワソワ(・∀・)

自分たちだけじゃ行ける気がしなかったので
日本の旅行会社のオプショナルツアーに参加
その為、ノルマンディの田舎村散策付きでした♡



パリ中心部からバスで2時間半

ディープ・シュル・メール村に到着!!

パリとは違い、この村の家は木組みで造られています。

お伽話に出てくるような可愛らしい雰囲気です(*´ェ`*)

ここは歴史ある港村らしく、昔は水上航路の宿場として栄えていたそうです。

村を抜けて集合場所に行く途中の街並みも可愛らしくて素敵




パリの人達とは違い、田舎の人は温かくて優しいです。

写真の赤いお店はパン屋さん♪
ここのおばちゃんがカワイイし優しい!!
オマケもくれました(*^^*)Merci Beaucoup♡






お腹も満たして、いざモン・サン・ミッシェルへ!!

司教オベールが夢の中で大天使ミカエルから「海の上の岩山に聖堂を建てよ」
お告げを受けました。
そんな経緯を経て16世紀に完成した修道院です。



まずは突入――――――ε-(/・ω・)/

左に見えますのはプラールおばさんのオムレツが有名

La Mere Poulard
お金のない巡礼達に安くて満足出来る食べ物はないか・・・
優しいプラールおばさんが思いついたのはオムレツでした☆ミ

…ただ、現在この店のオムレツは60ユーロくらい。
ふざけんなーッッッッッッッ(ノ`Д´)ノ彡┻━┻



もうちょっと安いお店で美味しく食べてやる!!

ということで来たのがAuberge St Pierre
元気なおばちゃんがいましたww

私はどうしても食べたかったそば粉のガレットを頂きました♡

旦那はハーフサイズのオムレツを。

デザートにはリンゴのタルト(*^^*)

おなかいっぱーい\(^o^)/



ではモン・サン・ミッシェルの山を登ります。




















写真ではわかりにくいですが、けっこう急な上り階段がひたすら続きます。

道は高い壁に囲まれています。
ちなみに、頭上には侵入者を狙い撃ちするための橋が架かっております。

それにしても、階段ツライm(_ _;)m

でもその階段を登りきれば、雄大な景色が見渡せる西のテラスに出ます(*´∀`*)

てっぺんを仰げば金色に輝く大天使ミカエルが!!
…みえますか?(・∀・)

ここから修道院内をひたすら歩くのですが
全部書くと収まりきらないので少しだけご紹介












①修道院付属教会
11世紀~12世紀に建てられたノルマンディロマネスク様式の身廊と
1523年に完成したゴシック様式の豪華な内陣…
よくわからないのですが聞いたまま書いてみましたww
とてもきれいな場所でした(*´∀`)















②回廊
僧達の瞑想の空間だったそうです
柱のレリーフがとても繊細でした(^o^)/



③大天使ミカエルとオベール司教のレリーフ
先ほど書いたお告げのシーンですね。
実はオベール司教は、大天使ミカエルがお告げをする夢を「ただの夢だ」と
信じませんでした。業を煮やしたミカエルは3度目の夢でオベールの額に
指を突っ込みお告げをしました( ´∀`)σ)∀`)
翌朝、オベールは自分の頭に穴が空いているのに気付き、ようやくお告げを信じたのでした。
その様子が描かれているのがこのレリーフです




④騎士の間
修道士の仕事部屋。
奥には修道士の生活空間の中で唯一の暖炉がそのままありました。
とにかく大きなお部屋--(・o・)




最後にミカエル像のレプリカを見て脱出==(/・ω・)/

きっちり組まれた石垣と、景色を眺めながら下山























帰りはノルマンディ地方の、のどかな風景を楽しみながらパリへと帰りました(*´∀`)




まだまだ続きそうです…





四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


SUN VISOR with MIRROR

皆様ごきげんよう。年末年始は、温かったですねぇ~、いい年を迎えて頂けたのではと思います。
新しい一年の始まり、年もFacebook共々がんばっていきますので、どうか見てやって下さいm(_ _)m


ではでは~今回はこれ!
カングー2の“サンバイザー”ネタです。
これはカングー1のサンバイザー。両方にバニティミラーが付いています(^^)。ちなみにバニティとは、化粧を意味します。

カングー2にお乗りで、『運転席サンバイザー、ミラー付いてへん(´・ω・`)。助手席側は付いてるのにぃ・・・』と思われた方みえませんか(^^)?

そーなんですよね。以前からお問い合わせも頂いたことあったのですが、部品検索エンジンで検索しにくく、出来てませんでしたm(__)m。




今回、左ハンドル車にお乗りの方から『右ハンドル車用の左側バニティミラー付サンバイザーが欲しい』との事で車を見させて頂いたところ、左ハンドル車は、右(助手席)のサンバイザーはミラー付。左はミラー無しなんです(^_^;)。


ってことで、右側ミラー付サンバイザーの部品検索に成功(^O^)!( I 様、ご協力有難うございます)

交換後。

こ~んな感じ(^^)。特に女性の方には便利なパーツかな。って思います。

もちろんカードフォルダーも付いてます(・∀・)!




四日市Facebook!!

https://www.facebook.com/pages/%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E5%9B%9B%E6%97%A5%E5%B8%82/120035501424469


謹賀新年