ジャケ買い、衝動買い、大人買い?!

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

私たち、ルノー車を販売したりメンテナンスするのが仕事な訳ですが、もちろん 『ルノー好き』 でもあります。WEBでルノーの話題を見つけると当然見てしまいますし、テレビやラジオから 「ルノー」 という単語が耳に入ると思わず「何っ?」と敏感に反応してしまいます。

私の場合は書店でルノー車が表紙を飾っている雑誌なんかを見つけると、無意識に手に取ってしまい中身を見ずにして購入!新発売のミニカーやグッズも即ゲット!これがシリーズ物だったりすると有無を言わさずコンプリート!

IMG_0075カーマガジン

と、行きたいところですが予算的に厳しい現実もあり…

IMG_0135チョロQ2

保管場所にも限りがあるわけでして…

IMG_0130チョロQ1

このチョロQは全部揃えたかったのですが、泣く泣くカングー2つに留めました。

雑誌やミニカーなど欲しい物は沢山あれど、自制心を持ってお買い物することを私の中では 「大人買い」 と言っています(笑)

 

IMG_0136ルーテシア大人と言えば…

マイナーチェンジしてちょっと大人っぽくなったルーテシアを展示中です。新色の『ルージュ ドゥ フランス』がまた深見があってイイ色なんです。内装なんかも質感がアップして更に上質になりました。

お近くへお越しの際にはぜひショールームへお立ち寄り下さい。


3つあると何でもこの色にしたくなる

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

例えば駐車場などでクルマが、青・白・赤の順に並んでいると「オッ」と思ったり、不意に見かけた青・白・赤に塗られている雑貨や文房具に、ついつい反応してしまうって事はありませんか?

それはもう立派なフランス車大好き症候群、トリコロール病です。

 

この度サービス工場のリフト3基が老朽化のため入替となりました。ま、新しいリフトを設置するとしたら3基共同じ色にするのが普通でしょうね。

でも…

せっかく3つの色を選べるのであればこれしかないでしょう!

なにせ我々はトリコロール病ですから!

thumbnail_IMG_9330 thumbnail_IMG_9328

 

 


おかげさまで70周年と20周年

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

この度、私共北海道日産自動車株式会社が創立70周年を迎えました。

そして同時に北海道日産自動車が50周年の時に立ち上がった、我々のルノー事業も20周年を迎える事が出来ました。これもひとえにご贔屓にして頂いている皆々様のお陰だと思っております。

 

この記念式典という事で、横浜の日産自動車グローバル本社に従業員一同で行ってまいりました。

nissan-honsyathumbnail_IMG_9349thumbnail_IMG_9351

みなとみらい地区にあるとても綺麗な建物。そしてギャラリーには最新の日産車がズラリ。我らがルノージャポンもこの建物の中にあるんですよ。

 

因みに70年前の日産車というのはこんな感じ…

rsapporo-datsan-da

1947年発売のダットサンDA型だそうです。なんだか可愛い( ^ω^) この当時の札幌はどんな街並みで、どんな道路があって、どんな車の使われ方をしていたのでしょうね。

 

70年前のルノー車はこんな感じ…

RENAULT-sapporo-4cv

同じく1947年発売のルノー4CV。日本でも日野自動車がノックダウン生産していたやつですね。新型トゥインゴと同じRRです。パリはおそらく70年前と現在とでは街並み自体はそんなに大きく変わらないのではないでしょうか?

 

そして20年前、『オートフランス札幌』としてルノー事業が立ち上がった当初の売れ筋は…

rsappo-twingo1-doaaki

rsappo-Renault_twingo_1

初代トゥインゴ。今見ても斬新なパッケージングとユニークなデザインは魅力的です。今でもご愛用いただいている方が多いのも納得ですよね。

 

そしてそして、現在2017年のルノー札幌でも…

rsappo-twingo3-doaaki

rsappo-tw3-2dai

やっぱり大人気の新型トゥインゴ。斬新なRRに生まれ変わっても、愛嬌の良さと使い勝手の良さはトゥインゴのアイデンティティとして健在です。

 

安全や環境、テクノロジーの進化、クルマを取り巻く環境も目まぐるしく変化していきますが、これを機に今まで以上により良いサービスを提供できるように努力する所存でございますので、今後ともよろしくご愛顧のほどお願いいたします。

 


RRって雪道でどうなの?

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

発売以来大変ご好評頂いております新型トゥインゴ。話題のRRレイアウトは「実際のところ雪道でどうなの?」と思われている方がとても多いと思います。thumbnail_IMG_9308

私たちも色々な路面で乗ってみて確信いたしました。
「こいつは雪道でもビックリするくらいガンガン走ります!」thumbnail_IMG_9301-twサイド

まず発進の際は後輪に荷重が掛かりグリップしてる感じがはっきり分かります。後ろにあるエンジンがしっかりと重石となり駆動輪を路面に押し付け、緻密な制御のトラクションコントロールと相まってグイッグイッと路面を掴みながら後ろから押されていく感覚はなかなか新鮮。

thumbnail_IMG_9301-twリア

そして懸念されるのは後輪駆動が故にカーブで「不意にお尻が流れ出さないか?」 いわゆるオーバーステアというやつですが、これもまったく心配無用なんです!我々も試しに広い場所でハンドルを切りながら「これでもかっ!」ってくらいに思い切りアクセルペダルを踏んでみたのですが、超優秀な横滑り防止装置が何事も起きなかったかのようにお尻が振り出すのを防いでくれるのです。
TW3透視P1010936

実はトゥインゴの前後の重量配分は45:55で、かなりバランスのいいクルマなんです。そして 「ここまで進化したのか!」 と感心してしまう程良い仕事をしてくれている横滑り防止装置のおかげもあり、お尻が流れ出すオーバーステアも頭が膨らんでしまうアンダーステアも、極端な挙動の乱れにビクビクする事無く、とにかく安心して雪道を走れてしまうんです!

その他、前後のオーバーハングが非常に短いので路面のくぼみや雪の塊にバンパーをヒットせずに済むとか、ハンドルがとてもよく切れるおかげで雪で普段より狭くなった道路を切り返しせずに回ることが出来るなんていうのも雪道を走ってみて分かった嬉しい発見でした。

thumbnail_IMG_9301

これはもう論より証拠、是非ご試乗ください!

 


こいつがいないと始まらない!

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

お正月休み中に大雪に見舞われることもなく穏やかな年明けとなりました。

私たち自動車ディーラーの人間にとって、正月休み中に降り積もった雪の除雪で新年からコテンパンにやられるかどうかはとても大きいですから(笑)

thumbnail_img_9138

以前このブログでもお伝え致しましたが、ルノー札幌の裏側の、クルマを置くスペースが格段に広くなりました。正確な数字では無いのですが、今までの3倍位になったイメージです。

今までも除雪は結構大変でしたが、クリスマス前の大雪で、広くなった敷地を除雪しながら心底思ったことがあります。

 

それは…

 

fullsizerender1

こいつがいないと始まらない!

 

img_9150

fullsizerender2

当たり前ですが人の手だけでは到底無理。冬の間だけウチにやってくるこいつは馬力は24.3psとメガーヌR.S.の10分の1以下、小柄なボディは可愛らしくも見えますが、この「オレンジブル」がどれだけ頼もしい事か!

今年は12月の大雪のせいでスタートからフル稼働してもらっていますが、ルノー札幌除雪部隊には無くてはならない存在なんです。


謹賀新年

img_8789

新年あけまして おめでとうございます。

本年も何卒ご愛顧の程 宜しくお願い申し上げます。

 

ルノー札幌 従業員一同


50年ぶり

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

50年ぶりだそうですよ…。img_8837
札幌で12月に積雪が90cmを超えたのが。img_8838

雪には慣れている筈の札幌でも、この師走の忙しい時期に交通も生活も色々なところで大混乱。

私たちは丸2日は朝から晩まで雪かきしてました。もうヘロヘロです。

 

そうそう、お知らせさせていただきたい事があるのです。

今まで「駐車場が一杯で車を停められない!」とよくご指摘を受けていたのですが、お蔭様をもちまして駐車場の敷地を広くする事が出来ました!これで駐車場に車が置けない事は大分解消されると思います。

駐車場の敷地が増えたということは………

img_8901

そうです、雪かきをする面積が増えた!という事なんですね(笑)

皆様、良い年をお迎えください。

 

 

 


余計な心配

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

札幌は記録的な大雪だったり、その後のツルツル路面で走り辛かったりと、クルマには酷な状況の数日間でした。

私は路面状況が酷くなると毎年考えてしまう事があります。

それはABSやESP等の有り難さ。
この時期はABSもESPもお世話にならない日なんて1日もないと言っても過言ではありません。
この手の電子制御デバイスも年々進化しており、発進の際のトラクションコントロールなんて一世代前と比べたらかなり緻密に制御されている感じがします。「ああ、助かった」とか「何とか発進出来た~」なんて時はつくづく技術の進歩に「感謝、感謝」です。

そして同時に考えてしまうのが、その手のデバイスの耐久性。
おそらく雪の降らない地域で使用されるクルマの殆どが、普通に運転している分にはABSも使う事が無ければ、横滑り防止装置やトラクションコントロールなんて下手したら一生使わないで終わる、なんて事もあるのではないでしょうか?そんな使用状況と比べたら、雪国のクルマたちはその手のデバイスに一日に何度もお世話になるわけでして、「こんなに頻繁に使っても大丈夫?」なんて、ふと考えてしまうのです。逆に何年もABSもESPも作動した事がない使用状況下のクルマたちはいざとなった時に本当にちゃんと作動するの??とついつい余計な心配をしてしまいます。

img_3711

まっ、おそらく自動車メーカーや電子制御デバイスのサプライヤーの方に言わすと 「まったく心配には及びません!」 「絶対大丈夫ですっ!」ってレベルの話なんでしょうけどね(笑)

年末の忙しい時期ではありますが、くれぐれも安全運転で行きましょう!

 


来ちゃった…この季節が…。

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

まあ、遅かれ早かれ必ずやってくるものでもありますが、遂に来てしまいました…この季節が。毎年毎年忘れる事無く必ずやってくるんですよね。当たり前なんですけども(笑)。

img_8680

皆さん、風邪など引かぬよう身体に気をつけましょう。そして今が旬の海の幸、山の幸をたらふく食べて、皮下脂肪を蓄え来たるべく冬に備えましょう(笑)


やっとキター!

こんにちは、ルノー札幌の谷野です。

9月15日にようやく発売となった新型トゥインゴ。ショールムに展示すると、ショールーム全体がパッ!と明るく華やかな雰囲気になるくらいのパワーを感じるデザインです。thumbnail_img_8425寸法でいうとかなりコンパックトなのにこの存在感!

RRのレイアウトも含め非常に注目度が高く、お問い合わせも沢山いただいておりました。我々も現車を目のあたりにして 「やっとキター!」 と軽く興奮してしまいました。そのくらい期待が高かったニューモデルだったんです。そしてまた、その期待を裏切らないところが 偉いところで、「待ってた甲斐があったヨー!」  と長いこと待たされたのも忘れるくらい色々な魅力にあふれています。

これは一見の価値有り!ここ最近の輸入車の中では一番の注目株ですぞ!thumbnail_img_8412